【劇場版:映画大好きポンポさん|プチ感想】U-NEXT独占配信開始!幸福は創造の敵?可愛くも熱い群像劇

U-NEXT先行独占で「映画大好きポンポさん」が配信スタートしたので早速視聴してきました!

本来なら劇場で観たかったタイトルでしたが、筆者が住む地域では上映館が一切無く、状勢的に県をまたぐ選択も出来ず、泣く泣く円盤or配信待ちする事に……( ;∀;)

でもまぁ、この速さでU-NEXTで配信されて本当に良かったです。漫画も良いけどアニメーションになったポンポさんもやっぱり良いですね~(*’▽’)大満足!

映画大好きポンポさんとは?

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』本予告

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画に心を奪われた彼は、観た映画をすべて記憶している映画通だ。映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈になる毎日。だが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりに没頭する楽しさを知るのだった。 ある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容。大ヒットを確信するが……なんと、監督に指名されたのはCMが評価されたジーンだった! ポンポさんの目利きにかなった新人女優をヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

劇場版「映画大好きポンポさん」公式サイトより引用

原作はpixivで話題になったweb漫画

原作・漫画は、pixiv上で話題になったweb漫画です。スピンオフも含めるとかなりの数が出ていますが、映画の内容に当たるのは原作漫画1冊目なので、併せて読むならこちらをどうぞ!

ちなみに、作者である杉谷庄吾が作品を読む順番をTwitterで解説してくれていたので、続編・スピンオフも気になった場合はそちらもチェックしてみて下さい。

うーん、発売される度に手に取って読んでいたので気にならなかったけど、こうやって並べると確かにどこから読んでいいのか分かりにくいですね(笑)。

超豪華メンバーによる力の入った作品

監督・脚本:平尾隆之 氏
代表作『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』『GOD EATER』等。
筆者が直接見たのは『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』だけですが、あれは本当に良かった。アルバと燈子のシーンは未だに繰り返し見たくなります。
キャラクターデザイン:足立慎吾氏
『WORKING!!』のキャラクターデザインも良かったし、ポンポさんのやわらかなタッチをうまく再現してくれそうな人選!
制作会社:CLAP
『この世界の片隅に』チームが立ち上げた新進気鋭の制作会社。はい優勝!
……とまぁ、制作陣からして一片の隙も無い構成です。本当にありがとうございました。

実際に観た感想

キャラクターとマッチした声のチョイス
主人公・ジーン役(清水尋也)、ヒロイン・ナタリー役(大谷凜香)という事で、お二方とも本業の声優さんではないんですが、それが役に滅茶苦茶マッチしててとても良かったです。
……というのも、この二人は、新人監督・新人女優という立ち位置であり、言うなればスタートラインに立ったばかりなんですね。だから逆に素人っぽい雰囲気がキャラクターにマッチしてて、むしろこうじゃないと違和感を感じるレベルのハマりっぷりでした。本編に出てくる”当て書き”とは少し違いますが、ある種それ系統のハマりっぷりが作品に乗っかっていたと思います。
その分、脇を固めるキャスティングはベテラン揃いで、新人を周りが引っ張っていくという人生の中で多くの人が体験するであろう共感性も表現できていたと思います。
原作にない追加要素が全く蛇足じゃない!純粋なパワーアップ
原作にいないキャラクターがいる時点で何となく把握はしていましたが、本作には劇場版ならではの追加要素が結構色濃く存在します。ジーン君のハイスクルール時代の同級生であり、スクールカーストの上位であったアランがどのように本編にかかわってくるのか見るまで若干不安はありましたが、成程成程!これは良い改変!作品としてのボリュームを増やしつつ、それでいて蛇足になっていない良改変!追加要素のおかげでジーン君の映画の中に自分を見つけたって要素の補強にもなっているし、この追加は個人的に大賛成でした!ファンの中では賛否両論ある様ですが、私はとても良いと思いましたね。
創作の苦悩と喜びが詰まった素晴らしい作品
本作は、創作に伴う苦悩。そして、その先に待つ喜びにフォーカスを当てた群像劇です。
きっと、冒頭のポンポさんのセリフ「幸福は創造の敵」って言葉に多くの人が「ハッ」とさせられる事でしょう。たった一つ、たった一つの大切な物の為に、その他すべてを切り捨てる。
創作とは、生きるとは、取捨選択の連続、そして大半の物を諦める事であると見せつけられます。恐らく、この作品を作ったスタッフの皆さんはグサグサ刺さりまくった事でしょうね。
……当然私にも刺さったし、これが刺さる自分で良かったと思わせてくれる作品でした。

Blu-rayでの発売は2021年12月3日予定

Blu-ray版のリリース自体は2021年12月3日予定なので、円盤のリリースよりもVODでの配信の方が早いタイプの作品となります。なので、今観るなら、まだ上映している劇場を探して直接足を運ぶか、U-NEXTに登録して観るか……の二択って事になります。

最近は、こういった先行独占配信スタイルが増え、各所でタイトルの獲得競争が激化していますが、そんな中からポンポさんを選んだU-NEXTに対し、私は敬意を払う!本当にありがとう!

U-NEXT独占で絶賛配信中!

独占配信を記念して、U-NEXTでは色々とお得なキャンペーンを実施中です。

なお、U-NEXTには31日無料トライアルというものが存在し、無料で31日間のトライアルと600円分の有料チケットをゲットできるという裏技が存在するんですが、残念ながらポンポさんは770円なので、タダで観る事は出来ません。

しかし、たった170円ポイントを追加するだけで観れるので、安く抑えるチャンスではあります。まだ無料トライアルを試してない方は、この機会に試してみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました